文字サイズ
標準
拡大

国内のアンチ・ドーピング規則違反決定

  • 日本アンチ・ドーピング規律パネル(規律パネル)は、規則違反事例について違反の有無やその制裁措置を決定するための弁護士、医師、スポーツ経験者等から構成される、JADAから独立した中立の専門家委員会です。
  • 規律パネルは、独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営されています。
  • 規律パネルは、違反事案に関する裁定を行い、JADAは日本アンチ・ドーピング規程14.3.2項に基づいて当該決定を本ページにて一般開示を行っています。
  • 各違反事案の資格停止期間が満了した場合、個人情報保護の観点および日本アンチ・ドーピング規程14.3.5項により、決定文中と一覧表内の該当競技者名を削除いたします。
  • 18歳未満の競技者、要保護者、レクリエーション競技者に関連する事案については、事案の内容により、日本アンチ・ドーピング規程14.3.7項に基づき一般開示されない場合があります。
  • 事案は、事件番号の採番後に事後的なTUE付与により規則違反とならない場合や他のアンチ・ドーピング機関への移管等がなされてJADAの管轄から外れることがあるため、事件番号の順番に一般開示されない場合があります。

日本アンチ・ドーピング規律パネル(日本スポーツ振興センター)
違反が問われたときは?

2021年度/令和3年度更新日:2022年5月23日
2020年度/令和2年度更新日:2021年8月19日
2019年度/令和元年度更新日:2021年11月5日
2018年度/平成30年度更新日:2022年7月11日
2017年度/平成29年度更新日:2019年6月22日
2016年度/平成28年度更新日:2019年10月14日
2015年度/平成27年度更新日:2019年12月4日
過去のアンチ・ドーピング規則違反決定