文字サイズ
標準
拡大

調査研究

ドーピング検査における効果的な立案や、実施、フェアでクリーンなスポーツを実現するための教育・啓発プログラムを開発、改善していくために、JADAでは調査研究を積極的に行っています。

自然科学系の調査研究

ドーピング検査体制において、クリーンなアスリートを守り、精神的・身体的負担のない検査体制の構築を目的として、最先端の分析技術や分析機器を活用した検査手法の開発や、複雑化するドーピングに対応できる検出手法の開発を行っています。

社会科学系の調査研究

「フェアネス」や「アンチ・ドーピング」を中心とした社会学的研究や、様々な競技レベルや年齢のアスリートを対象とした意識や行動様式に関する実態調査を行っています。これらの調査から得られた結果を用いて、これまで教材開発やその他教育ツールの制作を行い、エビデンスに基づいたアンチ・ドーピング活動を実行してきました。