文字サイズ
標準
拡大

2019IIHF女子U-18アイスホッケー選手権において国際アイスホッケー連盟(IIHF)とパートナーシッププログラムを実施

ニュース

190115_2.jpg190115_1.jpg

JADAは、国際アイスホッケー連盟(IIHF)とパートナーシップの【リアルチャンピオン教育プログラム】を実施致しました。

北海道帯広にて開催した「2019 IIHF女子U-18アイスホッケー世界選手権」において、出場アスリートが、国混合のグループに分かれ、スポーツの価値を護り・育む方法について考え、メッセージを発信する教育プログラムを行いました。帯広市出身でボブスレーのオリンピアンであり、スピードスケート競技経験もある桧野真奈美さんもゲストアスリートとしてセッションに参加頂き、充実したプログラムとなりました。


In partnership between the International Ice Hockey Federation (IIHF) and the Japan Anti-Doping Agency (JADA), the "Real Champion Workshop" Anti-Doping Session was delivered to the attending nations of athletes at the 2019 IIHF Ice Hockey World U18 Women's World Championship in Obihiro City, Japan.
The athletes had the opportunity to think how to protect and develop the values of sport through country mixed groupwork. Ms. Manami Hino, Olympian in bobsleigh and previously skated when she was young from Obihiro-city, joined as the special guest athlete.