文字サイズ
標準
拡大

JADAアジア・オセアニア国際アンチ・ドーピング・セミナーを開催
Japan Sports Agency and JADA Host Online "2020 International Seminar" in Partnership with WADA

ニュース

セミナーの様子

JADAは、2020年12月1日(火)~3日(木)に「アジア・オセアニア国際アンチ・ドーピング・セミナー」 を開催いたしました。2021年1月より発効される世界アンチ・ドーピング規程、国際基準の実践について、世界アンチ・ドーピング機構の会長、ディレクターらより最新の情報の共有と共に、国際機関、国際競技連盟との連携、アンチ・ドーピング機関間のパートナーシップの好事例などについて発表を行いました。
第14回目で初めてオンラインにて開催した本セミナーには、52カ国、200名以上の関係者が参加し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた日本政府によるレガシー事業「スポーツを通した国際貢献事業/SPORT FOR TOMORROW」の一環として、世界アンチ・ドーピング機構、スポーツ庁共催のもと実施しております。

The Japan Sports Agency (JSA) of the Japanese Government and the Japan Anti-Doping Agency (JADA) hosted the annual "International Anti-Doping Seminar in Asia & Oceania"on December 1-3. The 14th annual seminar was organized as "GoVirtual" for the first time due to COVID-19. 2020 is a landmark year for anti-doping organizations (ADOs) as the revised World Anti-Doping Code (2021Code) and International Standards will become effective from January 2021.
The seminar in this significant timing has brought together more than 200 people from 52 countries/regions online to exchange information matching the needs of ADOs, and the participants virtually united despite the time difference.