文字サイズ
標準
拡大

ラグビーワールドカップ2019日本大会における、ワールドラグビーとのパートナーシップ

ニュース

190816_1.jpg

190816_2.jpg 190816_2.jpg

ラグビーフットボールの国際統括組織であるワールドラグビーと日本アンチ・ドーピング機構(以下、「JADA」)は、ラグビーワールドカップ2019日本大会(2019年9月20日~11月2日開催)において、ドーピングのない、クリーンなスポーツへの協働として、以下の活動を実施しました。

・クリーンなアスリートの権利を守るため、ワールドラグビーとJADAは連携して、大会におけるドーピング検査を実施しています。

・若い世代のアスリートや、観客、ラグビーファンを対象としたアンチ・ドーピングの普及・啓発活動の一環として、"KEEP RUGBY CLEAN(キープ・ラグビー・クリーン)"キャンペーンを10/26-27の横浜ファンゾーン(@臨港パーク)において実施しました。

ワールドラグビーとJADAは、ラグビーワールドカップ2019日本大会のレガシーの1つとして、今後もグローバルなアンチ・ドーピング・ムーブメントの推進に協働して貢献していきます。

World Rugby and the Japan Anti-Doping Agency (JADA) are collaborating for the following activities held throughout the Rugby World Cup Japan 2019 (September 20 to November 2, 2019) to deter doping and promote the clean sport movement.

・To protect the rights of clean athletes, World Rugby are following a comprehensive pre-event testing programme conducted on all teams throughout 2019, with a thorough in-competition programme run in collaboration with JADA

・As part of anti-doping promotion/awareness-raising initiatives targeting youth athletes and audiences, World Rugby and JADA held a KEEP RUGBY CLEAN Campaign booth on October 26 and 27 in the Rinko Park FANZONE in Yokohama.

Together, World Rugby and JADA continue to promote global anti-doping movement as a legacy of the Rugby World Cup Japan 2019.