文字サイズ
標準
拡大

USADAサイエンスシンポジウムが東京で開催

ニュース

190816_1.jpg190816_2.jpg

米国アンチ・ドーピング機構(US Anti-Doping Agency; USADA)とのパートナーシップのもと、2019年10月5-7日にUSADAアンチ・ドーピング・サイエンスシンポジウムを東京で開催しました。本シンポジウムには、各国のアンチ・ドーピング機関、国際競技連盟における専門家や、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)認定ラボの関係者など30ヶ国、98名が参加しています。
「新たな薬とテクノロジー(Emerging Drugs and Technologies)」というテーマで、新たな薬や巧妙化するドーピングに対して、新しい技術やサイエンスの知見をどのように活用していくかについてのプレゼンテーションがあり、活発な議論が行われました。これからも、世界のアンチ・ドーピング機関や専門家と協働し、JADAは世界のアンチ・ドーピング・ムーブメント促進のための活動を展開していきます。

In partnership with the US Anti-Doping Agency (USADA), 18 th USADA Annual Symposiumon Anti-Doping Science was convened on October 5-7 in Tokyo, Japan. 98 experts on the anti-doping science from 30 countries attended this symposium.
Within the theme "Emerging Drugs and Technologies", speakers and attendees spentsignificant time on the continued improvement of practical and predictive approaches to target testing through new sample collection techniques, performance modeling, and gene doping threats. JADA keep collaborating with anti-doping organizations including USADA and experts to protect clean sport and clean athletes.