文字サイズ
標準
拡大

WADAの常任理事会が東京で開催されました

ニュース

2019年9月23日に明治記念館(東京)において、日本国政府がホストを行い、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の常任理事会が開催されました。WADA常任理事会が日本で開催されたのは、今回が初めてです。
日本国政府を代表して、萩生田光一 文部科学大臣より歓迎のご挨拶があり、WADA常任理事である、亀岡偉民 文部科学省副大臣をはじめ、12名のWADA常任理事と40名の関係者が参加した今回会議は、世界アンチ・ドーピング規程2021年版が採択される2019年11月の世界会議(カトヴィツェ、ポーランド)までの最後の常任理事会となります。

会議内容については、WADAのリリース(英語)を参照ください。

 
 
 

WADA Exective Committee in Tokyo
On September 23, 2019, the World Anti-Doping Agency (WADA)'s Exective Committee was convened in Meiji Kinenkan (Meiji Memorial Hall); hosted in Japan for the first time by the Government of Japan.
Mr. Haguida Koichi, Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology and representing the Japanese Government, gave a welcome address to Committees comprising 12 Executive Members, including Mr. Kameoka Yoshitami, State Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology alongside 40 stakeholders.

For further details of the meeting, please refer to WADA's news release.
https://www.wada-ama.org/en/media/news/2019-09/wada-executive-committee-discusses-rusada-code-compliance