文字サイズ
標準
拡大

FIH女子シリーズ・ファイナルにおいてFIHとJHAとパートナーシッププログラムを実施

ニュース

190322_1.jpg190322_2.jpg

広島で開催されているFIH女子シリーズ・ファイナルにおいて、国際ホッケー連盟(FIH)、日本ホッケー協会(JHA)とJADAは協働してクリーンスポーツをテーマとした教育プログラムを展開しました。
ロールモデルアスリートとしてカミラ・カラムさん(FIHアスリート委員)、吉川由華さん(コカ・コーラレッドスパークス)、高山樹里さん(JADAアスリート委員)が参加し、プログラムでは一貫して「アスリートの参画(アスリート・エンゲージメント)」に焦点を当て、ロールモデルアスリートからのスポーツのインテグリティ(誠実性・健全性・高潔性)を守るためのメッセージを大会参加アスリートと共有しました。

The International Hockey Federation (FIH), the Japan Anti-Doping Agency (JADA) and the Japan Hockey Association (JHA) successfully organised a comprehensive clean sport education session at the FIH Women's Series Finals event in Hiroshima, Japan.
Camila Caram (FIH Athlete Committee) , Yuka Yoshikawa (Coca-Cola Red Sparks team) and Juri Takayama (JADA Athlete Committee) joined in the education session and shared their clean sport messages with young athletes.
The partnership between the FIH, JADA and JHA in Hiroshima brought a positive outcome, with particular focus on increasing the athletes' engagement in maintaining the integrity of the sport as well as achieving the FIH's mission - a global game that inspires the next generation.