文字サイズ
標準
拡大

ワールドマスターズゲームズ2021 関西組織委員会と連携協定の締結

ニュース

190614.jpg

ワールドマスターズゲームズ2021関西の開催700日前となる本日、組織委員会様とアンチ・ドーピング活動を協働して実施することを目的とした連携協定を締結致しました。
ドーピング検査はもちろん、大会におけるアンチ・ドーピングの普及・啓発活動を通して、トップアスリートだけでなく、スポーツに携わる全ての人々の「スポーツにおけるフェア、スポーツの価値を守る」といった意識醸成につなげていくことを目指して参ります。

Just 700 days before the World Masters Games 2021 Kansai, the Organising Committee of the World Masters Games 2021 Kansai and the Japan Anti-Doping Agency (JADA) signed a Memorandum of Understanding (MOU) to collaboratively implement anti-doping activities.
As well as doping control in the Games, both parties will promote and raise awareness of anti-doping to share "fairness in and value of sports" with all parties involved in sport, such as top athletes as well as those who enjoy playing, watching and supporting sport.