文字サイズ
標準
拡大

世界フィギュアスケート選手権大会2019において国際スケート連盟(ISU)とパートナーシッププログラムを実施

ニュース

190322_1.jpg190322_2.jpg

国際スケート連盟(ISU)とJADAは、世界フィギュアスケート選手権大会2019において「Pure As Ice」と「PLAY TRUE 2020」のパートナーシッププログラムを実施しました。

今回、選手やサポートスタッフの皆さんには、アンチ・ドーピングのルールを楽しく学ぶことができる「WADAアンチ・ドーピング クイズ」に挑戦したり、自身のスポーツにおける真実のメッセージを発信するプログラムに参加頂きました。今回発信されたメッセージは今後、ISUやJADAのホームページ、JADAの「i-PLAY TRUEトーチリレー」で皆さんにお披露目していく予定です。

 

To promote clean, true sport, the International Skating Union (ISU) and the Japan Anti-Doping Agency (JADA) were in partnership to deliver the joint "Pure As Ice" and "PLAY TRUE 2020" campaign during the ISU World Figure Skating Championships in Saitama City, Japan.
The outreach booth was set up and delivered by the JADA at athlete's official hotel, and many athletes and support personnel also enjoyed the WADA Anti-Doping Quiz. Moreover, around 40 athletes were interviewed showing their commitment to engage in "Clean Sport". Their messages will be posted on ISU and JADA website and "i-PLAY TRUE Torch Relay" Tokyo2020 legacy project.