文字サイズ
標準
拡大

徳島ヴォルティスとJADAとのFAIR PRIDE協働展開(ユニフォームパートナー)の決定について

ニュース

2019_0110.jpg

公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(所在地:東京都北区、会長:鈴木秀典、以下JADA)と徳島ヴォルティス株式会社(所在地:徳島県板野郡、代表取締役社長:岸田一宏)は、2019シーズンよりアンチ・ドーピングの推進ならびにスポーツのフェアネス(公平さ・公正さ)に関するメッセージの発信に関して、協働展開していくことを決定しましたのでお知らせいたします。
本協働により、徳島ヴォルティスには、JADAをユニフォームパートナーとして迎えて頂き、2019シーズンの明治安田生命J2リーグで着用する公式ユニフォームにおいて、アンチ・ドーピング・ムーブメントのスローガンである「FAIR PRIDE(フェアプライド)*」のロゴを掲出頂くこととなりました。JADAは徳島ヴォルティスと共に、スポーツに関わるすべての人が、スポーツを成り立たせる基本的な要件である「フェアネス」を誇りに思い、フェアでクリーンな環境で生まれるスポーツの価値の発展に貢献して参ります。