文字サイズ
標準
拡大

ドーピング検査における新型コロナウイルス対策について

重要な案内

新型コロナウイルス対策 新型コロナウイルス対策

当機構では、アスリート、ドーピング検査員、職員の感染リスクを防ぐことを最優先としたアンチ・ドーピング活動を行っています。ドーピング検査につきましては、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が公開する「COVID-19 guidance for Anti-Doping Organizations」や、政府より公開されている感染防止対策をもとに、アスリートと検査員の健康と安全を保護するために以下の対策を徹底しています。

  • マスク、フェイスシールド手袋を着用
  • 手洗い、消毒を徹底します
  • 検査員はアスリートと可能な限り距離を取って対応します
  • 新型コロナウイルス感染症諸症状のなり検査員が少人数で対応します
  • 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のガイドラインにの取った予防対策の研修を受けた検査員が対応します

新型コロナウイルス対策 新型コロナウイルス対策

参考:アンチ・ドーピングにおける新型コロナウイルス対応に関するQ&A