JADAアスリート委員より、“PLAY TRUE Message”

 

A. あなたにとって“Real Champion”とは?
B. 未来につなげたいあなたのスポーツにおける“TRUTH”は何ですか?

田辺陽子

A.

限界を知り、そこから努力し、スポーツの素晴らしさを世界の人々と共に共有できること

B.

夢・勇気・挑戦・喜び・笑顔

池田めぐみ

A.

「アスリート」として「人間」として、その言葉や行動、態度が、スポーツに限らず、他者や社会に対し好影響を与えることができる存在がReal Champion”嘘偽のない、本物で、純粋なアスリートとしての強さを求め、研鑽している人

共に戦う相手や、審判、ルール、サポーター等、スポーツを成立させるものを尊重している人

B.

国や言葉、肌の色、文化に関係なく、スポーツを通して人は繋がり、そこで生まれる「笑顔」にTRUTHがある。

齋藤里香

A.

競技力があるだけでなく、他のアスリートとスポーツに対してリスペクトができるアスリート

B.

自分の限界にチャレンジする姿

杉林孝法

A.

「スポーツの価値を体現し、応援されるアスリート」。
スポーツを良いものだと信じ、ルールの中で一心に打ち込んでこそわかる価値がある。
自分、家族や友人、チームメイト、競争相手、そしてスポーツそのものを大切にし、誰からも応援されるアスリートこそReal Champion

B.

スポーツは勝ったり負けたりする。どんなに準備をしても、どんなに気持ちを強くして挑んでも、それでも勝負はやってみなければわからない。 それがスポーツの真の姿であり、魅力。大切なのは、どんなときもベストを尽くすこと、そして勝っても負けても受け入れて、その全てを次の機会に活かすこと。言い換えるなら、「挑戦し続ける」ということ。

鈴木靖

A.

スポーツを愛し、常に自分との闘いに徹して肉体を鍛錬し、自分の競技力向上の先に結果があるという考えを持っている人間であること。 また、他の競技者との比較や順位のみに拘りを持つことを避け、全てのアスリートとの協調融和を図り、国民から愛されるアスリートであること。

B.

スポーツとは平和の象徴であり、健全な身体にこそ豊かな心が育む。 「人を動かすのは理論や理屈ではなく、感動が心を動かす」という考えから、スポーツを通じて一人でも多くの人々に感動を与えることができる。 その先に、きっと平和な世界が訪れると信じている。

髙山樹里

A.

結果ではなく、目標・夢に向かって正々堂々と、自分の出来ることを精一杯努力し続けることが出来る人

B.

結果だけを追い求めることもひとつかもしれない。しかし、その求める結果に繋げるために自分が何をすべきなのか? 考え、行動し努力を続ける。そして困難にも負けず、最後まで諦めずに乗り越える心。 その過程こそがスポーツの真実なのではないかと思います。

楢﨑教子

A.

どのような結果が得られるか、何も保証がなくても、自分の信じた道を突き進み、努力を続けることができる人

B.

生まれ持った体で、どこまで挑戦できるのか、どこまでが限界なのか、自分を信じて挑戦する心

藤田征樹

A.

情熱と謙虚さ

B.

がんばること、続けること

松田丈志

A.

自分自身との戦いに克ち、ライバルに敬意を表せる者

B.

競技への探究心を持ち、課題克服や自分自身へのチャレンジに喜びを感じること

室伏広治

A.

競技はもちろん、あらゆることに真剣に取り組む姿勢を持つこと

B.

高度なレベルでの自己達成感/本当に達成した時は、人に言われなくても自分の心が感じ取る

室伏由佳

A.

競技の成績やレベルに関係なく、スポーツのルールを守り、努力をする全てのアスリートは、真実を求めて闘う勝者=“Real Champion” 共にプレーをする仲間、対戦する相手のアスリートに、スポーツフィールドにおいて、お互いに尊敬の念を持つことが、本当のスポーツの価値を勝ち取ることができる

B.

真実が刻まれたアスリートの姿は、とても輝いてみえます。 スポーツの追求は、時に、とても過酷です。決して、良い結果をもたらすことばかりではありません。時に、自分の理想とかけ離れた、カッコ悪い結果だと、そう感じる時もあります。 それでも、アスリート自身のなかにあるスポーツへの「探求心」を、誰でもない、自身の納得がいくまで歩み続ける姿、これが、スポーツの真実であり、伝え続けていきたい大切なフィロソフィーです

米田功

A.

私にとっての“Real Champion”とは、自分の成功だけでなく、スポーツ界(組織)の成功まで考えて競技をしている人

B.

夢や目標に向かって頑張った先に新しい成長した自分がいるということ

若杉遥

A.

正々堂々と心技体を駆使して闘い勝つこと

B.

何事もごまかさずに自らと向き合うこと

田口亜紀

A.

正直であること

B.

スポーツがチャレンジする気持ちを教えてくれた

小平奈緒

A.

自己の可能性に挑戦し、真の能力を磨き上げ、常に学びを積み上げていける人。
また、どんなことにも真摯に取り組み、人を想い遣れる心を持つ人。

B.

スポーツは自己を高めるために工夫する力や、他者を尊重する気持ちを育み、人と人との繋がりを深めることができる文化です。
真摯にスポーツに取り組む姿勢を示すことや、スポーツを観ることで生まれる「互いに高め合う関係」を築いていくことが、私の考える未来につなげたいスポーツにおける“TRUTH”です。