http://theme-fusion.com/avada/wp-content/uploads/2012/07/ico-02.gif” link=”http://themeforest.net/user/ThemeFusion” linktext=”Learn More”]Avada is fully responsive and can adapt to any screen size. Try resizing your browser window to see the adaptation.

ロシアの資格回復要件を定めたロードマップの完全なる履行とスポーツにおける利益相反の排除を求める提言

2018年6月14日|ロシアの資格回復要件を定めたロードマップの完全なる履行とスポーツにおける利益相反の排除を求める提言 はコメントを受け付けていません。

世界17か国の国内アンチ・ドーピング機関(NADO)の幹部及びInstitute of National Anti-Doping Organisations(iNADO)が、ロンドンに参集し、クリーンなスポーツが直面している重大な危機及び、国際的なアンチ・ドーピング活動の連携について協議をもち、提言をおこないました。提言の主な論点及び要約は以下の通りです。 ・ロシアの資格回復におけるWADAロードマップ 世界アンチ・ドーピング規程(WAD Code)に対する不順守が改善されていないロシアにおいてFIFAワールドカップが開催されることに鑑み、ロシアの資格回復に際して、WADAロードマップに定める要件の完全な適用を強く要求する。 ・利益相反関係の排除とガバナンス強化 アンチ・ドーピング機関及びスポーツ組織における事業及びその結果に関する説明責任強化の必要性を指摘。ガバナンスとアンチ・ドーピングに係る国際規約および諸規則の遵守体制の強化が最優先事項とされるべきである。 クリーンなアスリートの権利とスポーツの将来のために、これらの原則が遵守されるべきである。 ロシアのドーピング事件を踏まえた対応として、一連の判断に関する独立した立場からのレビューの必要性を指摘するとともに、レビューの実施を強く支持する。当該レビューの実施に係るWADAとしての検討において、NADO幹部の観点からの意見の提供を行う。 ・クリーンなアスリートに対する支持 WADAの意思決定機関において、独立したアスリートの代表が関わること、及びアンチ・ドーピングに係るアスリートの権利憲章(Anti-Doping Charter [...]

Eラーニングコース ALPHA日本語版のご案内(ADeL)

2018年6月14日|Eラーニングコース ALPHA日本語版のご案内(ADeL) はコメントを受け付けていません。

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が新たに開設したeラーニングシステムADeL(アデル/Anti-Doping e-learning Platform)にて、アンチ・ドーピングについての基礎的な知識を学べるALPHA(アルファ/Athlete Learning Program about Health & Anti-Doping)が日本語で受講できるようになりました。 ADeL ログイン → ALPHA [JA]選択     https://adel.wada-ama.org/ja ※以前、単独サイトでご案内していたALPHAのページは運用が停止となります。 新しくADeLにてアカウントを作成の上、ALPHAを選択し受講してください。 [...]

「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント

2018年6月13日|「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント はコメントを受け付けていません。

本日、「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が可決され、法律が成立しました。我が国のアンチ・ドーピング活動を統括する国内アンチ・ドーピング機関として、我が国で初のアンチ・ドーピングの推進に関する法案の成立にご尽力頂いた国会議員の先生方、そして関わった全ての関係者に感謝申し上げます。 本法案では、アンチ・ドーピングに関わる専門家の育成、アンチ・ドーピングに関する社会一般への教育・啓発活動の推進及び関係機関間の情報共有の仕組みなどが明記されており、日本国内におけるスポーツの公正さ公平さの確保に向け、大変意義あるものであると認識しております。また、アンチ・ドーピング活動のグローバルな展開が求められている状況の中、国際的に求められていた日本国内におけるアンチ・ドーピングの法的体制の整備は、今後開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を始めとする国際競技大会の開催に向け、クリーンなスポーツに対する日本の強いコミットメントを世界へ発信することができると確信致します。 今後も、本法律の趣旨に基づき、政府、日本スポーツ振興センター、組織委員会、日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会、国内競技連盟、世界アンチ・ドーピング機構、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、国際競技連盟等と連携し、クリーンなスポーツの実現に向け、さらに高いレベルでのアンチ・ドーピング活動を推進してまいります。 ■ダウンロード(PDF) 「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント

◎陸上カーターの訴え棄却 日本は「銀」に繰り上げへ

2018年6月1日|◎陸上カーターの訴え棄却 日本は「銀」に繰り上げへ はコメントを受け付けていません。

【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は5月31日、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで優勝し、ドーピング再検査で失格となったネスタ・カーター選手(ジャマイカ)が、処分を不服として申し立てた訴えを棄却したと発表した。これにより、同種目で銅メダルを獲得した塚原直貴(つかはら・なおき)、末続慎吾(すえつぐ・しんご)、高平慎士(たかひら・しんじ)、朝原宣治(あさはら・のぶはる)の4選手による日本が銀メダル、2位のトリニダード・トバゴが金メダルに繰り上がる見通し。 カーター選手が今後、スイスの裁判所などにさらに上訴しなければ、ジャマイカのリレーメンバーだったスーパースター、ウサイン・ボルト選手らの金メダル剥奪も確定する。ロイター通信によると、北京五輪から16年リオデジャネイロ五輪まで3大会連続で100メートル、200メートルと400メートルリレーの短距離3冠を達成し、既に引退したボルト選手は「ルールはルールだ。でもあの時の勝った喜びは永遠に続くだろう」とコメントした。この問題でボルト選手は昨年1月、処分が確定する前に金メダルを返還したと公表している。 カーター選手は興奮作用のある禁止薬物のメチルヘキサンアミンに陽性反応を示し、昨年1月に国際オリンピック委員会(IOC)から失格処分を受けた。 (了)2018/06/01 08:24【共同通信社】

John DoeDeveloper
Redantium, totam rem aperiam, eaque ipsa qu ab illo inventore veritatis et quasi architectos beatae vitae dicta sunt explicabo. Nemo enim.
Text here
  • Item #1
  • Item #2
  • Item #3
“Neque porro quisquam est, qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consec tetur, adipisci velit, sed quia non numquam eius modi tempora incidunt utis labore et dolore magnam aliquam quaerat voluptatem. Ut enim ad minimas veniam, quis nostrum exercitationem ullam corporis suscipit laboriosam, nisi ut aliquid ex ea commodi consequatur slores amet untras vel illum qui.”
John Doe, My Company
“Neque porro quisquam est, qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consec tetur, adipisci velit, sed quia non numquam eius modi tempora incidunt utis labore et dolore magnam aliquam quaerat voluptatem. Ut enim ad minimas veniam, quis nostrum exercitationem ullam corporis suscipit laboriosam, nisi ut aliquid ex ea commodi consequatur slores amet untras vel illum qui.”
Doe John, My Company
John DoeDeveloper
Redantium, totam rem aperiam, eaque ipsa qu ab illo inventore veritatis et quasi architectos beatae vitae dicta sunt explicabo. Nemo enim.
Your Message Goes Here.

Standard

$1555monthly
  • Feature 1
Purchase Now

Avada is incredibly responsive, with a refreshingly clean design

And it has some awesome features, premium sliders, unlimited colors, advanced theme options and so much more!
Purchase Now

ロシアの資格回復要件を定めたロードマップの完全なる履行とスポーツにおける利益相反の排除を求める提言

2018年6月14日|ロシアの資格回復要件を定めたロードマップの完全なる履行とスポーツにおける利益相反の排除を求める提言 はコメントを受け付けていません。

世界17か国の国内アンチ・ドーピング機関(NADO)の幹部及びInstitute of National Anti-Doping Organisations(iNADO)が、ロンドンに参集し、クリーンなスポーツが直面している重大な危機及び、国際的なアンチ・ドーピング活動の連携について協議をもち、提言をおこないました。提言の主な論点及び要約は以下の通りです。 ・ロシアの資格回復におけるWADAロードマップ 世界アンチ・ドーピング規程(WAD Code)に対する不順守が改善されていないロシアにおいてFIFAワールドカップが開催されることに鑑み、ロシアの資格回復に際して、WADAロードマップに定める要件の完全な適用を強く要求する。 ・利益相反関係の排除とガバナンス強化 アンチ・ドーピング機関及びスポーツ組織における事業及びその結果に関する説明責任強化の必要性を指摘。ガバナンスとアンチ・ドーピングに係る国際規約および諸規則の遵守体制の強化が最優先事項とされるべきである。 クリーンなアスリートの権利とスポーツの将来のために、これらの原則が遵守されるべきである。 ロシアのドーピング事件を踏まえた対応として、一連の判断に関する独立した立場からのレビューの必要性を指摘するとともに、レビューの実施を強く支持する。当該レビューの実施に係るWADAとしての検討において、NADO幹部の観点からの意見の提供を行う。 ・クリーンなアスリートに対する支持 WADAの意思決定機関において、独立したアスリートの代表が関わること、及びアンチ・ドーピングに係るアスリートの権利憲章(Anti-Doping Charter [...]

Eラーニングコース ALPHA日本語版のご案内(ADeL)

2018年6月14日|Eラーニングコース ALPHA日本語版のご案内(ADeL) はコメントを受け付けていません。

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が新たに開設したeラーニングシステムADeL(アデル/Anti-Doping e-learning Platform)にて、アンチ・ドーピングについての基礎的な知識を学べるALPHA(アルファ/Athlete Learning Program about Health & Anti-Doping)が日本語で受講できるようになりました。 ADeL ログイン → ALPHA [JA]選択     https://adel.wada-ama.org/ja ※以前、単独サイトでご案内していたALPHAのページは運用が停止となります。 新しくADeLにてアカウントを作成の上、ALPHAを選択し受講してください。 [...]

「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント

2018年6月13日|「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント はコメントを受け付けていません。

本日、「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が可決され、法律が成立しました。我が国のアンチ・ドーピング活動を統括する国内アンチ・ドーピング機関として、我が国で初のアンチ・ドーピングの推進に関する法案の成立にご尽力頂いた国会議員の先生方、そして関わった全ての関係者に感謝申し上げます。 本法案では、アンチ・ドーピングに関わる専門家の育成、アンチ・ドーピングに関する社会一般への教育・啓発活動の推進及び関係機関間の情報共有の仕組みなどが明記されており、日本国内におけるスポーツの公正さ公平さの確保に向け、大変意義あるものであると認識しております。また、アンチ・ドーピング活動のグローバルな展開が求められている状況の中、国際的に求められていた日本国内におけるアンチ・ドーピングの法的体制の整備は、今後開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を始めとする国際競技大会の開催に向け、クリーンなスポーツに対する日本の強いコミットメントを世界へ発信することができると確信致します。 今後も、本法律の趣旨に基づき、政府、日本スポーツ振興センター、組織委員会、日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会、国内競技連盟、世界アンチ・ドーピング機構、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、国際競技連盟等と連携し、クリーンなスポーツの実現に向け、さらに高いレベルでのアンチ・ドーピング活動を推進してまいります。 ■ダウンロード(PDF) 「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」が国会で可決・成立したことに関するコメント

◎陸上カーターの訴え棄却 日本は「銀」に繰り上げへ

2018年6月1日|◎陸上カーターの訴え棄却 日本は「銀」に繰り上げへ はコメントを受け付けていません。

【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は5月31日、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで優勝し、ドーピング再検査で失格となったネスタ・カーター選手(ジャマイカ)が、処分を不服として申し立てた訴えを棄却したと発表した。これにより、同種目で銅メダルを獲得した塚原直貴(つかはら・なおき)、末続慎吾(すえつぐ・しんご)、高平慎士(たかひら・しんじ)、朝原宣治(あさはら・のぶはる)の4選手による日本が銀メダル、2位のトリニダード・トバゴが金メダルに繰り上がる見通し。 カーター選手が今後、スイスの裁判所などにさらに上訴しなければ、ジャマイカのリレーメンバーだったスーパースター、ウサイン・ボルト選手らの金メダル剥奪も確定する。ロイター通信によると、北京五輪から16年リオデジャネイロ五輪まで3大会連続で100メートル、200メートルと400メートルリレーの短距離3冠を達成し、既に引退したボルト選手は「ルールはルールだ。でもあの時の勝った喜びは永遠に続くだろう」とコメントした。この問題でボルト選手は昨年1月、処分が確定する前に金メダルを返還したと公表している。 カーター選手は興奮作用のある禁止薬物のメチルヘキサンアミンに陽性反応を示し、昨年1月に国際オリンピック委員会(IOC)から失格処分を受けた。 (了)2018/06/01 08:24【共同通信社】

  • Item #1
  • Item #2
  • Item #3