SPの活動

病院薬剤師からみたドーピング防止活動

笠師 久美子先生

うっかりドーピングを回避するために薬剤師とスポーツ界との協力体制がスタート
1994年に広島で行われたアジア大会での中国水泳チームのドーピング疑惑をきっかけに、薬剤師として実際にスポーツ現場でドーピング防止活動に関わるようになりました。それ以来、様々な競技団体・競技大会などでドーピング防止活動を行っています。
北海道体育協会では、もう何年も前から毎年、国体に行かれる選手あるいは指導者に対してアンケートを実施しています。その結果、「薬局で薬を購入する時にどのようにして薬を買いますか?」という質問に対し、7割以上の選手が「薬剤師に相談して購入する」と回答しています。つまり、選手は薬局に行って、薬剤師に相談すれば、絶対正しい答えをくれると思っているのです。多くの選手は、「薬剤師だったら知っているだろう。知っていてほしい」という期待があり、これに対して私たち薬剤師は応えていかなくてはならないと思います。
スポーツ現場には“薬剤師の活躍の場”がたくさんある
実際に薬剤師としてスポーツ現場で、どんな活動をしているかというと、大きくわけて2つあり、まずは医療スタッフとしての活動があります。例えば、医薬品の整備、薬品、医療材料の準備、医薬品情報の提供、薬の相談、医療支援、どうしても薬を使用しなければならないときに申請するTUEの対応などをしています。実は、私も最初は医療班としてスポーツ現場に参画していて、救急車に乗って医療活動をしたこともありますし、長野オリンピックでは、日本選手団の医務室に勤務していました。そして、ドーピング防止活動としては、ドーピングコントロールといったドーピングを抑止するための検査や、薬の相談、講演などによる啓発活動などを行っています。 薬の情報相談ということで、北海道体育協会のホームページに右記のような用紙があります。選手や指導者が相談したいことがある場合、この用紙をFAXやメールで体育協会に送ります。送られますと、365日、私の携帯の方に連絡が入り、私か担当のドクター、もしくは北海道大学病院の医薬品情報室のスタッフが、これに対応するという体制をとっています。
また、広い意味でのドーピング防止ということで、検査や情報提供だけではなく、健康管理・栄養管理まで含まれてくるのではないかと思います。
リュージュ競技では、ナショナルチームの海外遠征に同行して、食事の果てまでチェックすることもあります。海外遠征に限らず、なぜそこまで関わっているのかというと、選手のサプリメント使用が気になったからです。まずは、食事ではないかと。そこで、選手の口に入るものを管理栄養士と一緒にチェックすることから始めて、栄養バランスやカロリーなどのアドバイスも含めて、まずは食生活をきちんとしようと。さらに、海外遠征においては、食事事情が違いますし、日本食でないと生活ができないという選手も中にはいるので、日本から乾燥物やレトルト食品などを持参する場合もあります。また、食の安全ということで、サプリメントなども混入していないか、海外で購入したものが実は日本とは全く違う成分で、薬物のようなものが入っている可能性もあるためできる限り情報を収集するよう努めています。薬剤師として、介入しようとするとこのようなこともできるのではないかと思います。
Pharmacist is anywhare「薬剤師はどこにでもいます」
薬剤師は、非常に客観的に、冴えた頭で、また温かい気持ちで、客観的な情報を提供できます。よく病院でも「薬剤師ってどこにいるんだろう?」と質問されて、薬剤部や薬局というのはもうご法度の時代で、私としては、「薬剤師はどこにでもいます」と答えています。
まずは、薬剤師の方に、スポーツを観ていただいて、スポーツに興味を持っていただけたらと思います。さらにもう一歩進んで、このようなドーピング防止制度や資格の問題だけではなく、業務のひとつとして知っているのが当たり前という状況が是非生まれていただければと思います。
今回のスポーツファーマシスト認定制度は、これらのきっかけになるのではないかと期待しています。