インタビュー

ドーピング防止に精通した薬の専門家、スポーツファーマシストに期待

赤間 高雄氏

日本おけるドーピング違反は、多くのうっかりドーピングがあります。そしてこれは、選手側の薬に対する知識が少ないことが原因でおこっているのが実情です。しかし、うっかりであっても違反であることにかわりはないため、選手レベルに関係なく同じように制裁をうけることになります。選手にとって日々の努力が水の泡になってしまいます。
日本代表クラスのトップアスリートになると、スポーツドクターやトレーナーといったスタッフが揃い、ドーピングに対しても相談できる環境が整いますが、スポーツ現場ではトップアスリートは一握りであり、トップを目指して挑戦している選手がたくさんいます。この選手たちを取り巻く環境は、得てして情報が手に入りにくく、身近に相談できるところもないのが実情です。

現在JADAはジュニア選手に対し、ドーピング防止教育を積極的に行なっていますが、その成果がみえてくるにはもう少し時間が必要と思われます。
大半の選手にはドーピング防止に関する情報が乏しいのが現実です。つまり、最も情報を必要としている選手に対し、 ドーピング防止に精通した薬の専門家のアドバイスが、身近に受けられることは非常に有効と思われます。
現在、TUEの申請をすることで安心しようとして、禁止薬物以外の薬も申請してきたり、逆に必要とする薬も、 禁止薬物かもしれないからといって飲まなかったりするケースも多々あります。ドーピング防止の規則はとても複雑で、 一般の医師やスポーツドクターが100%理解しているとはかぎりません。もちろん選手や指導者に十分な知識をもつ人は少ないでしょう。

ドーピング防止に精通した薬の専門家は、本当に少ないのが実情です。しかし、スポーツの現場で必要としている選手はたくさんいます。 選手が安心して、身近に薬のことが相談できるドーピング防止の薬の専門家、スポーツファーマシストが、全国に増えていくことを期待しています。