On 17th to 18th June, JADA successfully conducted a joint outreach programme on anti-doping with the International Weightlifting Federation (IWF) and the Japan Weightlifting Association (JWA) at the 2017 IWF World Junior Championships in Tokyo. 193 athletes and support personnel from 21 countries participated in this programme which was collaborated with the “Lift Clean & Jerk” campaign of IWF to raise the awareness of anti-doping.
*This programme was held as part of PLAY TRUE 2020, Sport for Tomorrow.

6月17日~18日、世界ウエイトリフティング連盟および日本ウエイトリフティング協会との協働のもと、2017年世界ジュニアウエイトリフティング選手権大会(東京)においてアウトリーチプログラムを行いました。このプログラムは、JADAのPLAY TRUE2020プロジェクトならびにIWFが行っている”Lift Clean and Jerk” キャンペーンの一環として実施され、クリーンなスポーツへのメッセージ発信やアンチ・ドーピングに関するクイズに21カ国から193名のアスリートとサポートスタッフが参加しました。

[Web release by IWF]

Be a Real Champion and Lift CLEAN! and Jerk – Olympians at the IWF- JADA Anti-Doping Outreach

IMG_0058a

IMG_1452a