JADA hosts the 10th Anniversary of the International Anti-Doping Seminar in Asia and Oceania

第10回アジア・オセアニア国際アンチ・ドーピングセミナーを、スポーツ・フォー・トゥモローの一環として、2016年12月7~10日に開催しました。

DAY1,2_web
On December 7-10, 2016, the Japanese Anti-Doping Agency (JADA) hosted the 10th anniversary of the annual International Anti-Doping Seminar in Asia and Oceania: “PLAY TRUE 2020 Week” in Sapporo, Hokkaido, in partnership with the World Anti-Doping Agency (WADA), and with support from the Japan Sports Agency and the Government of Japan.

※(PDF)2017-02-06-JADA_Asia Seminar2016_EN_Final_0213

JADAが主催する国際セミナーが10回目という節目を迎えるため、2017冬季アジア大会の会場である札幌にて開催。31カ国・地域から60名以上が参加しました。
本セミナーにWADA・JADA・APCのアスリート委員会メンバーも参加し、2015年世界アンチ・ドーピング規程の遵守、パートナーシップによる効果的かつ質の高いプログラム推進およびアスリートエンゲージメントについて話し合いました。
3日目には、札幌市立清田高校と平岸高校の生徒が「スポーツの価値」についてプレゼンテーションを実施。その後、高校生たちは北海道ゆかりのオリンピアンがファシリテーターを務めたアクティビティを通したスポーツの価値教育プログラムにも参加しました。
最終日は、札幌市ご協力のもと「PLAY TRUE Sapporo~札幌からスポーツの価値を発信~」として、鈴木大地スポーツ庁長官、秋元克弘札幌市長およびJADA・WADAのアスリート委員、北海道ゆかりのアスリート、平岸高校・清田高校の代表者に登壇いただき、札幌時計台より「スポーツの価値」を国内外に向けて発信しました。