2017年2月冬季アジア札幌大会、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されることを契機として、北海道札幌平岸高等学校デザインアートコースにおいて「スポーツの価値を基盤とした授業」が実施されました。
2015年9月27日に保健体育の授業で、スポーツの価値やアンチ・ドーピング等について学び、次に美術の授業において「自分が世界へ発信したいスポーツの価値」をデザインとして実際に表現し、2015年11月17日にクラス内で発表会を実施しました。このユニークな取り組みは、国内で初めてのケースとなります。

公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会

Press Release