日本スポーツ仲裁機構より、JSAA-DP-2012−001号事案に関する仲裁判断が下されました。 当機構は、今後とも、関係団体と協力して、ドーピング検査の教育・啓発活動に力を入れ、スポーツの健全性の維持に一層の努力を継続して参ります。

リリース文