2016年12月9日、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が設置した独立調査人(Richard McLaren氏)による、ロシアのドーピング事件に係る調査報告書(2nd Report)が公開されました。

 

同報告書は、7月18日に公開された報告書(1st Report)において指摘された冬季五輪ソチ大会に係るドーピング違反のみならず、2011年~2015年にかけて広範囲に展開されていた1,000件を越えるドーピング違反に関しての証拠資料を伴うものであり、ロシアにおける組織的且つ大規模なドーピング違反行為の深刻さを具体的に示す内容となっています。

 

同報告書において指摘された競技大会、競技種目に関係する組織においては、クリーンなアスリートの擁護と競技大会の健全性の担保のために、速やかに適性な処置を講じることを強く要請します。

 

当機構は、Institute of National Anti-Doping Organizations (iNADO)との連携により、ロシアのアンチ・ドーピング体制の健全化支援を推進するとともに、2019年ラグビーワールドカップ、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会のホスト国のアンチ・ドーピング機関として、競技大会の健全性を担保するために、国内外の関係組織と連携を密に図り、徹底した対策を講じていく所存です。

 

・McLaren Report PartⅡの原本(←リンク設定)

https://www.wada-ama.org/en/media/news/2016-12/wada-publishes-independent-mclaren-investigation-report-part-ii

・McLaren Report PartⅡに関するWADAステートメント(←リンク設定)

https://www.wada-ama.org/en/media/news/2016-12/wada-statement-regarding-conclusion-of-mclaren-investigation