RTPA及び加盟競技団体関係者 各位

陸上競技の競技者の血液検査データの流失に端を発する報道が行われておりますが、
Anti-Doping Administration & Management System (ADAMS) を管理する世界アンチ・ドーピング機構(WADA)から、
「8月2日報道された、ARD及びSunday Timesが入手したとされる2001年~2012年の期間の5,000名の競技者からの
12,000検体に及ぶデータについては、ADAMSから流出したものでは無いことを確認した」
旨のリリースが発表されました。

ADAMSを活用し、情報の提供を行うRTPAの皆様、及び関係の競技連盟の皆様におかれましては、
今後も安心してADAMSをご利用ください。

WADAからのリリース本文は、こちらから参照ください。