The Japan Anti-Doping Agency (JADA) successfully organised the “International Anti-Doping Seminar in Asia” on 29-30 January 2015, partnered with the World Anti-Doping Agency (WADA), in support of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), the Government of Japan, as part of PLAY TRUE 2020, Sport for Tomorrow.

2015年アジア国際セミナー (2015 International Anti-Doping Seminar in Asia) を”PLAY TRUE 2020″ – スポーツ・フォー・トゥモローの一環として、JADAはWADAとの連携の下、1月29日、30日に開催しました。

The seminar saw the biggest number of participants; bringing 50 participants from 31 different National Anti-Doping Agency (NADOs) and Regional Anti-Doping Agency (RADOs) in Asia, as well as outside Asia for the first time. The second day afternoon was open to the Japanese stakeholders and the media with more than 200 participants.

アジア国際セミナーには、WADA会長 Sir Craig Reedieからの基調講演、31カ国・50名の国内/地域アンチ・ドーピング機構からの参加、また30日午後に行われた国際シンポジウムには総勢200名以上が出席、そして「スポーツの未来への投資としてのアンチ・ドーピングとパートナーシップの強化」をテーマとした講演とパネルディスカッションが行われました。