アンチ・ドーピング x 製薬業の協働国際会議-文部科学省 – WADA – UNESCO – JADA開催
「第2回 製薬業及びアンチ・ドーピングに係る国際会議 ~クリーンなスポーツ、社会のための新たな展開~」

The event was attended by more than 300 representatives from leading organisations in the anti-doping, sport and pharmaceutical industries who explored new ways to help protect the rights of the clean athlete and restrict the abuse of licensed and unlicensed medicines.

The Conference has led to the latest step in increased cooperation between the anti-doping and pharmaceutical industries; and, aimed to further improve information sharing and collaboration to tackle the issue of doping within sport and society as a whole.

This Conference was organised as part of “Sport for Tomorrow”, Tokyo 2020 legacy project, and “PLAY TRUE 2020” has just launched as part its three main strands – URL: http://playtrue2020-sp4t.jp

標記国際会議は”スポーツ・フォー・トゥモロー”の一環として、2015年1月28日に東京の明治記念館にて開催され、国内外の製薬業、スポーツ、そしてアンチ・ドーピング関係者300名以上が出席、丹羽秀樹文部科学副大臣、WADA会長クレイグ・リーディー卿、UNESCOアンジェラ・メロー氏からの開会スピーチが行われました。

本国際会議では、パブリックヘルスの向上のため、製薬業とアンチ・ドーピングに関係する組織が情報の共有と協働体制をより強固にすることを目指し、今後さらに取り組むべき課題について討議しました。

また本会議では、”スポーツ・フォー・トゥモロー”の柱であるアンチ・ドーピングに係わるティザーサイトが立ち上がった旨も、発表しています。
“PLAY TRUE 2020” Sport for Tomorrow
URL: http://playtrue2020-sp4t.jp

PRESS RELEASE – ENGLISH