本機構では、アスリートバイオロジカルパスポートの推進において、公益財団法人日本陸上競技連盟と協調し、国内で開催される主なマラソン大会に関連して血液採取を含む検体採取を実施することを予定しています。

詳細については、こちらをご覧ください。