2013年2月27日にスポーツ政策及びアンチ・ドーピング政策における世界的権威である、英国ラフバラ大学のバリー・フーリハン教授を招聘し、日本のスポーツ関係者及びスポーツ政策に関わる実務家・研究者向けのセミナーを実施します。

今回のセミナーでは、グローバルなスポーツ政策の展開、スポーツにおけるガバナンス全般、アンチ・ドーピング戦略の重要性について話題提供いただくとともに、先日公表されたアンチ・ドーピング関連法整備に関する調査研究について講義をいただきます。グローバルなスポーツ政策やスポーツにおけるイシューから、今後の日本のスポーツ政策、ガバナンスの構築とアンチ・ドーピング施策の推進との関連について議論を深めたいと思います。奮ってご参加ください。

講師 : ラフバラ大学 バリー・フーリハン教授
モデレーター : JADA 事務局長 浅川 伸

日時 : 2013年2月27日(水) 17:30 〜 19:30
場所 : 筑波大学 東京キャンパス 134教室

セミナー詳細