image003

2016年7月5~6日に山形県立山形中央高校の体育祭開会式において、生徒による「山形中央フェアプレイ宣言」が行われました。この「山形中央フェアプレイ宣言」は、体育祭における活動にとどまらず、体育祭終了後の日常生活においても、生徒一人一人が自分自身で「フェアプレイ」を体現していくことを狙いとしています。本件は、特別活動である体育祭を通して、学校全体の取組として「スポーツの価値を基盤とした教育」を展開している国内で初めての事例となります。

Press Release