【サンクトペテルブルク共同】スピードスケート・ショートトラック男子で計6個の五輪金メダルを獲得したビクトル・アン(ロシア)が、2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪出場を禁じられたと22日、タス通信など複数のメディアが関係者の話として報じた。ロシアの国ぐるみの不正を指摘した世界反ドーピング機関(WADA)調査チームの報告書に関与が言及され、個人資格で参加できる同国選手の選定から漏れたという。

国際オリンピック委員会(IOC)は平昌五輪に出場の可能性があるとして予備登録された500人のうち111人を除外したと19日に発表した。報道によるとアンの他に男子2選手が外れた。

32歳のアンは韓国代表の安賢洙(アン・ヒョンス)として2006年トリノ五輪で3種目を制し、国籍変更後の14年ソチ五輪で再び3冠。母国の韓国で開催される平昌五輪へ意欲を示していた。

(了)2018/01/23 07:42【共同通信社】