日本スポーツ振興センター(JSC)は31日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング対策の一環として、内部告発専用のウェブサイトを開設した。

告発の対象となるのは、日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)の強化指定選手やコーチなどのスタッフ。通報はサイト上の専用フォームから匿名でも受け付け、必要であれば、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)にも情報提供する。

(了)2017/05/31 18:40【共同通信社】