日本オリンピック委員会(JOC)は26日、重量挙げで2008年北京五輪男子69キロ級の新谷義人(しんたに・よしと)が10位から8位に、12年ロンドン五輪女子75キロ超級の嶋本麻美(しまもと・まみ)(金沢学院大職)が9位から8位にそれぞれ順位が繰り上がり、入賞となったことを発表した。上位選手がドーピング違反で成績抹消となったため。

(了)2017/05/26 20:30【共同通信社】