【ニューヨーク共同】米国反ドーピング機関(USADA)は15日、2014年ソチ冬季五輪スピードスケート・ショートトラック代表で男子5000メートルリレー銀メダルのクリス・クレベリングに、ドーピング違反で4年間の資格停止処分を科したと発表した。来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪には出場できない。

クレベリングは16年10月18日の抜き打ち検査で採取された尿検体で、ホルモンを調節する禁止物質のクロミフェンに陽性反応を示した。処分は同年11月18日からの4年間となる。

(了)2017/05/16 11:12【共同通信社】