世界反ドーピング機関(WADA)は28日、国際基準を満たしていないとして資格停止にしていたマドリードの公認検査所の資格を回復すると発表した。昨年6月にドーピング検査の検体分析などが禁止されたが、WADAの現地調査などを経て、処分が解除された。(共同)

(了)2017/04/29 13:22【共同通信社】