【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は21日、スイスのローザンヌで理事会を開き、ロシアの国家ぐるみのドーピングを認定した調査チームの責任者、マクラーレン氏が10月末までに最終報告書を発表する方針であることが報告された。

来年の禁止薬物リストも承認した。内容は10月1日までに公表する。

(了)2016/09/22 11:30【共同通信社】