【ロンドン共同】国際重量挙げ連盟(IWF)は13日、2012年ロンドン五輪男子94キロ級で銅メダルを獲得したアナトリー・キリク(モルドバ)が国際オリンピック委員会(IOC)によるドーピング再検査で陽性反応を示したため、暫定的な資格停止処分を科したと発表した。

IOCは最新の分析技術を用いて08年北京、12年ロンドン両五輪の検体を再検査し、違反が発覚した選手への処分を順次発表している。

(了)2016/09/14 09:38【共同通信社】