【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、ドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から科された2年間の資格停止処分を不服として提訴した女子のマリア・シャラポワ(ロシア)への裁定を10月の第1週に下すと発表した。

裁定は当初、7月18日に下される見通しだったが、シャラポワとITFの双方が証拠の提出などに時間を要するとして延期に合意していた。

(了)2016/09/13 18:03【共同通信社】