ドーピングに関わるニュース

/ドーピングに関わるニュース

2018平昌冬季五輪大会にむけて、クリーンなアスリートと五輪大会の公正性を守るために国内アンチ・ドーピング機関(NADO)幹部が提言

2018年2月に開催される平昌冬五輪大会が公正な環境のもとで開催され、クリーンなアスリートが守られる大会となるために世界17ヶ国の国内アンチ・ドーピング機関(NADO)の幹部が第4回目となるNADOサミットを開催し、アンチ・ドーピング体制の強化に向けた協議を行い提言を公開しました。提言の主な論点及び要約は以下の通りです。   2014年に開催されたソチ冬季五輪において指摘された様々な腐敗、また同レポートが公開された後のロシアの関係機関の対応を踏まえ、平昌冬季五輪大会からロシアチームを排除することをIOCに提言。 国際陸上競技連盟(IAAF)が設定している基準を参照し、一部のロシア選手は中立的な立場での参加が検討されるべきこと。また当該基準の実践に対して各国のアンチ・ドーピング機関が協力をすること。 McLaren Reportで指摘された2014年ソチ冬季五輪大会でのロシア選手に関連する腐敗事項の調査が完遂されずに平昌冬季五輪大会が開催される状況に重大な危機感を有していること。 ロシアチームが平昌冬季五輪大会への参加資格を得るためには、以下の対応が速やかに実施されるべきであること。 McLaren Reportで指摘された事項の承認、又は適切な証拠に基づく反駁 McLaren Reportで指摘されたアスリート等に対するインタビューを含む事実解明の取り組み McLaren Reportで指摘された期間における、モスクワの分析機関に保管されている検体、メールを含電子データへのアクセスを認めること IOC及びWADAは、ロシアに対して更なる証拠の提供を含む徹底した対応が求められる。 McLaren Reportにおいて1,000件を超える不正が指摘されている状況において、そのうち100件弱の事項に対してのみの調査が実施され、上述の通り様々な疑惑への調査が未着手の状態のなかでこれら100件弱の事件が証拠不十分により違反とは扱わないとの判断がなされた。この様な対応は、世界中のアスリートや社会からアンチ・ドーピング体制への疑念を誘発する。   また、同サミットでは、一連のロシアの組織的ドーピング事件の摘発の発端となったYulia Stephanov、Vitaly Stephanov夫妻、及びアスリート憲章の策定に関わっているFair Sportの主催者でありスピードスケートの金メダリストでもあるJohan Olav Koss氏とも意見交換をおこなった。   本提言は、以下の世界各国のアンチ・ドーピング機関の幹部によって策定されました。 オーストラリア、オーストリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、シンガポール、スウェーデン、イギリス、アメリカ及びInstitute of National Anti-Doping Organizations (iNADO) 。   メディアリリース原本(英文)はこちら    NADO.fall17.release メディアリリース原本(英文)にリンクされている文書はこちら Press Release  

◎薬物対策の委員を決定 海外スポーツ短信

国際重量挙げ連盟(IWF)は5日、ドーピング対策を強化する「クリーンスポーツ委員会」の委員が決まったと発表した。世界反ドーピング機関(WADA)のメンバーやドイツの大学研究者、五輪出場経験者などで、IWFの理事会に助言する役目を担う。 重量挙げは相次ぐドーピングにより2020年東京五輪の出場選手数が大幅に削減。国際オリンピック委員会(IOC)は年内に改善策を示すように要求し、IWFは6月に東京で開いた理事会でドーピング対策の作業部会設置を決めていた。(共同) (了)2017/09/07 00:42【共同通信社】

2017年9月7日|Categories: ドーピングに関わるニュース|

◎ドーピング撲滅で提案 IOCなどへ重量挙げ協会

日本重量挙げ協会は28日、2020年東京五輪の開催国として、同競技で横行するドーピングの撲滅に向け、違反に対する厳罰を盛り込んだ提案書を国際重量挙げ連盟(IWF)、国際オリンピック委員会(IOC)、世界反ドーピング機関(WADA)に31日付で提出すると発表した。 04年から16年までの五輪と世界選手権で違反者を複数出した国には、東京五輪の出場枠獲得大会への参加を認めないことや、今後は年間で3人以上の違反者を出した国を1年間の国際大会出場停止とすることなどを提案する。 重量挙げは相次ぐドーピング違反により、東京五輪の出場選手数を大幅に減らされた。三宅義行(みやけ・よしゆき)会長は「20年はドーピングをゼロにしたい。子どもたちの夢をつんではいけない」と述べた。 (了)2017/08/28 22:11【共同通信社】

2017年8月29日|Categories: ドーピングに関わるニュース|

◎世界陸上で薬物違反3件 海外スポーツ短信

国際陸連が設置した不正行為の調査や告発に当たる独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は24日、ロンドンで13日まで開催された世界選手権でのドーピング検査で3件の違反があったと発表した。メダリストは含まれず、調査を進めているという。 大会前も含めて596の尿検体と917の血液検体、計1513検体を採取して検査した。(ジュネーブ共同) (了)2017/08/25 23:39【共同通信社】

2017年8月28日|Categories: ドーピングに関わるニュース|

浅川事務局長がラジオ出演します

浅川事務局長が、オリンピック等スポーツ中継でお馴染みの、NHK工藤三郎アナウンサーの番組に出演いたします。 下記のとおり放送されますので、是非お聴きください。 1.日時  7月10日(月)朝4時ごろから約45分間 2.番組名 NHKラジオ第一(AM放送です)”ラジオ深夜便” ...「“2020”に託すもの」  2020年東京オリンピックに向け、巨大イベントの表裏を支える人々にスポーツの現在と未来を伺うことをテーマとした番組プログラムの一環 として、アンチ・ドーピングについて対談します。       http://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/b7.html       http://www.nhk.or.jp/shinyabin/anker.html#kudou 3.聞き逃しサービス       放送日から1週間は、聴き逃しサービスもありますので、こちらもご利用ください。       http://www.nhk.or.jp/shinyabin/kikinogashi.html

◎高校でも東京五輪が登場 招致スピーチ、新国立も

昨年合格した中学校教科書に続いて、高校でも2020年東京五輪・パラリンピックに関する記述が英語などの教科で新たに登場した。パラリンピアンの佐藤真海(さとう・まみ)さんによる13年9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会での招致スピーチや、新国立競技場の写真なども掲載。高校教科書は来春以降、東京五輪の開催年まで使われる。 コミュニケーション英語Ⅰでは32点中14点が取り上げた。佐藤さんの英語スピーチは複数の教科書で題材となった。今回の招致活動や1964年東京五輪で通訳として活躍した長井鞠子(ながい・まりこ)さんを紹介した教科書もあった。 保健体育では3点全てが盛り込み、日本でのドーピングの撲滅に向けた取り組みなどが国際的に評価されていることなどに触れ、「開催都市が東京に決定した理由の1つであるともいわれています」と記述したものもあった。 帝国書院の現代社会は、東京五輪の準備期間中は競技場の建設などで景気が良くなるとする一方、「閉会後はその反動で景気が後退する傾向にある」と指摘。経済効果を考えさせる内容となっている。 新国立競技場の写真を掲載したのは三省堂の英語表現Ⅰ。当初、白紙撤回されたザハ・ハディド氏のデザインを載せていたが、「生徒が誤解する」と意見が付き、昨年12月に決定した隈研吾(くま・けんご)氏デザインの写真に変更。三省堂は白紙撤回前の同4月に検定申請していた。 (了)2016/03/18 11:14【共同通信社】

2016年3月18日|Categories: ドーピングに関わるニュース|

◎コストナーが競技復帰 元恋人に協力で資格停止

 元恋人の薬物検査逃れに協力したとして資格停止処分を受けたソチ冬季五輪フィギュアスケート女子銅メダリストのカロリナ・コストナー(28)=イタリア=が15日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われたメダル・ウィナーズ・オープンで競技に復帰し、表現力豊かな演技を披露した。  女子2位となり「本当にうれしい。暗くて痛みを伴う時代がようやく終息し、戻ってくることができた」とかみしめるように話した。ともに現役を引退している安藤美姫(あんどう・みき)は3位、男子の織田信成(おだ・のぶなり)は2位だった。 (了)2016/01/15 18:25【共同通信社】

2016年1月15日|Categories: ドーピングに関わるニュース|