アンチ・ドーピングとは、スポーツの基盤

スポーツの舞台を成立させるための要件が、アンチ・ドーピングです。

アンチ・ドーピングのルールは、競技種目やアスリートの出身地に関係無く、スポーツにおける世界共通の約束ごとです。アンチ・ドーピングが世界で合意を得て推進されているのは、スポーツにはフェアプレイの精神を軸とし、参加する人々が正々堂々と戦うことが必須だからといえます。そして、アンチ・ドーピング活動の推進は、スポーツの価値を護り発展させようとする活動でもあるからです。

JADA Vision : “for the Real Champion”

真のチャンピオンが正当に評価される社会を護り、発展させる

JADAは、スポーツが「世界共通の人類の文化」であるとの理念のもとに、スポーツのコアバリューを守り、発展させるためのアンチ・ドーピング活動を推進しています。

日本のアンチ・ドーピング活動は、JADAと文部科学省の連携のもとに、国際的な活動の中心的役割の一端を担い、国内外でパートナーシップを築いています。またJADAは、自己が持つ最大限の可能性を追求し、スポーツを通して本当の強さを身につけた真のチャンピオンが育成され、社会に寄与するための活動を展開しています。

2011年8月に施行された「スポーツ基本法」の第二十九条においては、JADAと連携してアンチ・ドーピング活動を推進することが国の責務として明記され、「ドーピングの検査、ドーピングの防止に関する教育及び啓発その他のドーピングの防止活動の実施に係る体制の整備、国際的なドーピングの防止に関する機関等への支援その他の必要な施策を講ずる」ことがうたわれています。

全世界的に共通しているスポーツのコアバリューは、「プレイ・トゥルー:Play True」の言葉で総称されています。対戦相手やルールを尊重するためのフェアプレイの精神のみならず、競技種目に関係無く、アスリートとして全世界的なスポーツ共通の約束ごとにどう向き合うか、そしてどのような行動を起こすことができるかが問われています。

全ての人が“TEAM JAPAN”の一員として、日本のアスリートがクリーンであるのみならず、Play Trueの精神を世界に広く伝えられるよう、JADAはアンチ・ドーピング活動を推進していきます。そして、Play Trueの精神を養った真のチャンピオンが育成されるよう、JADAは社会に寄与していきます。

 

JADA Mission, “正々堂々と、スポーツ”

JADAのミッションは、ドーピングの無い正々堂々と戦うスポーツを実現し、アンチ・ドーピングを通して人材を育成することです。

このミッションを達成するために、JADAは教育・啓発、調査研究活動を推進し、ドーピング検査を実施、アンチ・ドーピング活動に関わる情報の管理・収集・提供などについても積極的な活動を実施しています。

27か国150人以上の参加者が集まる国際セミナー等を開催

JADAは進化を続ける-Evolving, JADA

JADAは独自のプログラムを展開し、世界からも注目を集めています。

☆ マルチ・ファンクションの モバイルJADAカー : Mobile Multi-function Anti-Doping Unit

世界初、多機能を備えた移動式“JADAカー”が2010年9月から始動。

JADAカーは、 国際基準のドーピング検査室、WADAから世界初の認証を受けた血液検査分析機関、そして教育啓発活動実施のモバイルカーとして、世界から注目を集めています。移動式のドーピング検査室として、地理的、地勢的な壁を乗り越え、国内の競技会のみならず、や国際競技会において国際基準に沿ったドーピング・コントロール(検査)を実施することが可能となっています。また、WADAが推奨する血液検査に応えるため、2012年11月、世界で初めてJADAカー内で実施する血液分析がWADAによりに認証されました。

さらに、トップの大会でアスリートがPlay Trueの理念に触れる機会を増やし、アンチ・ドーピングに対する意識を高めるためのアウトリーチ・ブースをこのJADAカーにて実施することが可能となっています。これらの機能については、それぞれ別のオペレーションで実施されます。アンチ・ドーピングに対するアスリートへの垣根を低くするよう、今後JADAカーも進化していきます。

 

JADAカー

トイレや血液採取の施設がない競技会場でも検査可能にした「JADAカー」

☆ JADA 公認スポーツファーマシスト : Sports Pharmacist System

JADAは、社団法人日本薬剤師会(平成24年4月より公益社団法人)と連携し、「公認スポーツファーマシスト」制度を2009年に発足しました。公認スポーツファーマシスト制度は、国家資格を有する薬剤師に対する、JADA公認の認定制度です。

スポーツファーマシストは、スポーツに共通する全世界的な約束ごとである「世界アンチ・ドーピング規程」やスポーツにおいて禁止される物質と方法の一覧である禁止表国際基準について学びます。それによって得た自身の専門性を活かし、日本を代表するアスリートや日々スポーツを愛する人たちに対して、適切な情報を提供することを目的としています。

この(公社)日本薬剤師会とJADAとのコラボレーションは、フィールドを越え、お互いのエキスパティーズを最大限に共有することを試みた、世界初のコラボレーションの事例として注目を集めています。

JADAでは、関係機関の協力のもと、アスリート、コーチやトレーナーだけでなく、一般のスポーツ愛好家のみなさんが身近に、いつでも薬の問い合わせをすることができるよう、下記のシステムを整えています。

薬剤師会ドーピング防止ホットライン-各都道府県の薬剤師会に設置されている相談窓口の連絡先

スマートフォーンにモバイルサイトの禁止表-万が一の時でも禁止表がいつでも見せられるように、モバイルサイトをブックマーク、またはアプリ (iPhoneのみ)のダウンロードが可能

自分の身近なJADA公認スポーツファーマシスト、ドーピング防止ホットライン、禁止表モバイルサイト設置

公認スポーツファーマシスト検索ページ

http://www3.playtruejapan.org/sports-pharmacist/search.php