http://theme-fusion.com/avada/wp-content/uploads/2012/07/ico-02.gif” link=”http://themeforest.net/user/ThemeFusion” linktext=”Learn More”]Avada is fully responsive and can adapt to any screen size. Try resizing your browser window to see the adaptation.

「公認スポーツファーマシスト制度」事業強化のため、大塚製薬株式会社との連携継続

2018年4月23日|「公認スポーツファーマシスト制度」事業強化のため、大塚製薬株式会社との連携継続 はコメントを受け付けていません。

2016年度より「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業の趣旨に賛同を頂いている大塚製薬株式会社と、本制度の更なる普及・充実へ向けて連携を継続することとなりましたので、お知らせいたします。 【本リリースお問合せ先】 ■公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構  広報担当  TEL 03-5963-8030 【リリース】 ■「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業強化における大塚製薬株式会社との連携継続_20180423.pdf 【参照】 ■公認スポーツファーマシスト認定制度 →詳細はこちら ■「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業強化および大塚製薬株式会社との連携強化(2016年2月19日) →詳細はこちら

◎男女各3階級で開催国枠 東京五輪の重量挙げ

2018年4月16日|◎男女各3階級で開催国枠 東京五輪の重量挙げ はコメントを受け付けていません。

【ジュネーブ共同】国際重量挙げ連盟(IWF)は13日までに2020年東京五輪の予選方式を発表し、日本は開催国枠として男女各3階級で1枠ずつ、計6枠を確保した。今年11月から20年4月末までの予選期間で、男女ともに日本を含めて各国・地域最大4枠、計8枠まで獲得できる。 相次ぐドーピング違反に対する制裁として、08年から20年までの違反件数が20以上の国・地域は男女各1枠、計2枠までに制限されることになり、AP通信によるとロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの5カ国が該当した。違反が10~19件の場合は男女各2枠までしか得られず、イランやインドが対象となる。予選期間中に3件以上の違反が発覚した国・地域の出場資格を剥奪できる規定も明記された。 国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪の出場選手数を大幅に削減し、24年パリ五輪の実施競技から除外する可能性に言及している。 (了)2018/04/13 22:12【共同通信社】

5月10日(木)に大阪で「アンチ・ドーピング研修会(関西)」を開催します

2018年4月12日|5月10日(木)に大阪で「アンチ・ドーピング研修会(関西)」を開催します はコメントを受け付けていません。

当機構、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)及び法務省共催イベントとして、アンチ・ドーピング研修会を開催します 日時:2018年5月10日(木)10時から 会場:大阪中之島合同庁舎 2階 日本国際紛争解決センター 国際会議室 申込みはこちらからお願いします。 ■プログラム詳細はこちら

サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告の公開

2018年4月12日|サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告の公開 はコメントを受け付けていません。

2017年9月1日付のリリースの通り、アンチ・ドーピングにおけるサプリメント認証について協議を行ってまいりました。この度、同会議における議論を「サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告」として公開いたします。 【本リリースお問合せ先】 ■公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構  広報担当  TEL 03-5963-8030 【リリース】 ■サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告_20180412.pdf

John DoeDeveloper
Redantium, totam rem aperiam, eaque ipsa qu ab illo inventore veritatis et quasi architectos beatae vitae dicta sunt explicabo. Nemo enim.
Text here
  • Item #1
  • Item #2
  • Item #3
“Neque porro quisquam est, qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consec tetur, adipisci velit, sed quia non numquam eius modi tempora incidunt utis labore et dolore magnam aliquam quaerat voluptatem. Ut enim ad minimas veniam, quis nostrum exercitationem ullam corporis suscipit laboriosam, nisi ut aliquid ex ea commodi consequatur slores amet untras vel illum qui.”
John Doe, My Company
“Neque porro quisquam est, qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consec tetur, adipisci velit, sed quia non numquam eius modi tempora incidunt utis labore et dolore magnam aliquam quaerat voluptatem. Ut enim ad minimas veniam, quis nostrum exercitationem ullam corporis suscipit laboriosam, nisi ut aliquid ex ea commodi consequatur slores amet untras vel illum qui.”
Doe John, My Company
John DoeDeveloper
Redantium, totam rem aperiam, eaque ipsa qu ab illo inventore veritatis et quasi architectos beatae vitae dicta sunt explicabo. Nemo enim.
Your Message Goes Here.

Standard

$1555monthly
  • Feature 1
Purchase Now

Avada is incredibly responsive, with a refreshingly clean design

And it has some awesome features, premium sliders, unlimited colors, advanced theme options and so much more!
Purchase Now

「公認スポーツファーマシスト制度」事業強化のため、大塚製薬株式会社との連携継続

2018年4月23日|「公認スポーツファーマシスト制度」事業強化のため、大塚製薬株式会社との連携継続 はコメントを受け付けていません。

2016年度より「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業の趣旨に賛同を頂いている大塚製薬株式会社と、本制度の更なる普及・充実へ向けて連携を継続することとなりましたので、お知らせいたします。 【本リリースお問合せ先】 ■公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構  広報担当  TEL 03-5963-8030 【リリース】 ■「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業強化における大塚製薬株式会社との連携継続_20180423.pdf 【参照】 ■公認スポーツファーマシスト認定制度 →詳細はこちら ■「公認スポーツファーマシスト認定制度」事業強化および大塚製薬株式会社との連携強化(2016年2月19日) →詳細はこちら

◎男女各3階級で開催国枠 東京五輪の重量挙げ

2018年4月16日|◎男女各3階級で開催国枠 東京五輪の重量挙げ はコメントを受け付けていません。

【ジュネーブ共同】国際重量挙げ連盟(IWF)は13日までに2020年東京五輪の予選方式を発表し、日本は開催国枠として男女各3階級で1枠ずつ、計6枠を確保した。今年11月から20年4月末までの予選期間で、男女ともに日本を含めて各国・地域最大4枠、計8枠まで獲得できる。 相次ぐドーピング違反に対する制裁として、08年から20年までの違反件数が20以上の国・地域は男女各1枠、計2枠までに制限されることになり、AP通信によるとロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの5カ国が該当した。違反が10~19件の場合は男女各2枠までしか得られず、イランやインドが対象となる。予選期間中に3件以上の違反が発覚した国・地域の出場資格を剥奪できる規定も明記された。 国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪の出場選手数を大幅に削減し、24年パリ五輪の実施競技から除外する可能性に言及している。 (了)2018/04/13 22:12【共同通信社】

5月10日(木)に大阪で「アンチ・ドーピング研修会(関西)」を開催します

2018年4月12日|5月10日(木)に大阪で「アンチ・ドーピング研修会(関西)」を開催します はコメントを受け付けていません。

当機構、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)及び法務省共催イベントとして、アンチ・ドーピング研修会を開催します 日時:2018年5月10日(木)10時から 会場:大阪中之島合同庁舎 2階 日本国際紛争解決センター 国際会議室 申込みはこちらからお願いします。 ■プログラム詳細はこちら

サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告の公開

2018年4月12日|サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告の公開 はコメントを受け付けていません。

2017年9月1日付のリリースの通り、アンチ・ドーピングにおけるサプリメント認証について協議を行ってまいりました。この度、同会議における議論を「サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告」として公開いたします。 【本リリースお問合せ先】 ■公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構  広報担当  TEL 03-5963-8030 【リリース】 ■サプリメント認証枠組み検証有識者会議 委員長総括中間報告_20180412.pdf

  • Item #1
  • Item #2
  • Item #3